より多くの水素を摂取|健康を維持して楽しく生きる|疲労回復に必要なこと

健康を維持して楽しく生きる|疲労回復に必要なこと

ウーマン

より多くの水素を摂取

瓶とグラス

体の内外で酸化を防止

水素水は、水と水素とに強い圧力をかけることで作られています。水の中に水素が詰め込まれた状態となっているので、それを飲むと水素も体内に一緒に入ることになります。水素には抗酸化作用があるため、水素水を飲むと体内の酸化による老化現象を防ぎやすくなります。そのため水素水は、アンチエイジングのためにさかんに飲まれています。そしてその水素水の中でも、特に多くの水素を詰め込んだものが、高濃度水素水です。通常の水素水よりも効率良く水素を摂取できるため、一層高いアンチエイジング効果が出てくるということで、話題になっています。さらに高濃度水素水は、美容液や化粧水としても使用可能となっています。飲めば体内で酸化が防げますが、塗れば体外の、つまり肌の酸化を防ぎ、若々しさが維持されやすくなるのです。

水の中の水素の限界量

高濃度水素水には、具体的には1Lにつき約1.6mgの水素が詰め込まれています。これは、水が保持できる水素の限界量とされています。これ以上の量の水素を詰めることは可能ですが、保持は困難で、時間の経過とともに量が減っていくのです。たとえ密閉していたとしても、水素は容器そのものを通り抜けて、水から出ていってしまうのです。そのため市販されている高濃度水素水は、多くの場合、水素が通過しにくいアルミの容器に入っています。こうすることで、限界量に近い量の水素が保たれているのです。また、家庭用の水素水生成器などを使用すれば、水素量が限界を超えた高濃度水素水を作り出すことができます。そしてその水素が出ていってしまう前に、飲むことができるのです。